しょっぱいのに甘く見ていました(汗)

 

暑いのは日本だけではありませんでした。

 

アメリカ海洋大気局によると、今年7月の世界の平均気温は16・7度で、観測史上最も暑い月だったそうです。なんだか8月も観測記録を更新して、史上最も暑い夏になるのでは。ということは、世界の皆様が史上最も汗をかいた夏、になるのではないでしょうか。

 

成人では体重の約60~65%が水分。かなりたっぷりあるような気がするので、汗をかいて10%くらい減ってもだいじょうぶかと思ったらとんでもない。甘く見てはいけません、命が危うくなるのですね。たった2%が失われても、のどの渇きを感じ、運動能力が低下しはじめ、3%だと、さらに強くのどが渇いて、頭がぼんやりし、4~5%になると、疲労感やめまいなどの脱水症状があらわれます。身体機能は、じつは微妙な水分(とミネラル)のバランスによって保たれているのです。

 

東洋医学の考えでは、汗は身体を温める気(陽気)が身体の水分を外に押し出すことで生じる現象です。汗の出る時間や量・部位は、自分の健康状態を知る手がかりになります。自分の汗の出かたを、ちょっと気にしてみましょう。ほんとうは世界の皆様にも知ってほしい。

 

日中によく汗をかき、少し動くだけでも汗が出ることを「自汗(じかん)」といいます。これは「気」が不足しているために、身体が温まりにくくなったり、代謝が悪くなったりしている状態です。自汗は、冷えがある、疲れが抜けない、食事の量が少なく季節の変わり目に体調を崩しやすい、といった人に多く見られます。

 

回復方法は「中脘」や「足三里」への灸。夏の暑さで弱った消化機能や水分代謝を高めてくれます。

 

寝ている時に大量の汗をかき、目が覚めると汗が止まるのが「盗汗(とうかん)」です。体にこもった余分な熱を睡眠中に下げようとする働きから生じる現象です。これは、体を潤して熱を冷ます「陰」の不足から起こるもので、お年寄りに多くみられます。

 

寝汗が多い人にお勧めのツボは「太渓」と「復溜」。気持ち良さを感じられるくらいの力で押してみてください。これらのツボは「陰」を補って、身体の働きを整えてくれます。

 

まずい場面を見られた時などに出る変な汗、冷や汗は、どうしましょうか。たとえ効くツボがあったとしても、刺激したところで間に合いません。こればかりは日頃の精進が大切です。

 

東洋医学鍼灸の面白さ、奥深さをもっと知りたくなったら、お気軽に北海道鍼灸専門学校の学校説明会・体験授業へ

 

 f:id:hokkaido_shinkyu:20190821172157j:plain  f:id:hokkaido_shinkyu:20190821172041j:plain

  

 f:id:hokkaido_shinkyu:20190821172204j:plain

 

 

 

「あきゅぱんフェス」のご報告

こんにちは。
「あきゅぱんフェス」実行委員会 担当教員の塩崎です。

8月4日に行われた、年に一度の本校の大イベント「あきゅぱんフェス」。
昨年同様、たくさんの方たちにご来場いただき、大盛況でした。

 

鍼灸治療体験、美鍼・吸玉、お灸教室など無料体験コーナーは今年も大人気!

f:id:hokkaido_shinkyu:20190809160432j:plain

美鍼

 

鍼灸治療体験は早い時間のうちに予約がいっぱいになってしまいました。施術を受けられなかったみなさん、申し訳ございませんでした!


 

親子スキンタッチには、たくさんの親子連れの方々が訪れてくださいました。

f:id:hokkaido_shinkyu:20190809154406j:plain

あきゅ2019スキンタッチ1

f:id:hokkaido_shinkyu:20190809154843j:plain

あきゅ2019スキンタッチ2

 

暑い中、屋台も頑張りました。

f:id:hokkaido_shinkyu:20190809154101j:plain

f:id:hokkaido_shinkyu:20190809154004j:plain

あきゅ2019屋台

ご近所の人気店「駄菓子屋まるいち」さんにもご協力いただきました。ありがとうございました。

f:id:hokkaido_shinkyu:20190809155028j:plain

まるいちさん

 

 

よもぎを使ったメニューを提供している「よもぎカフェ」。今年は「よもぎ団子」が登場。

f:id:hokkaido_shinkyu:20190809155411j:plain

よもぎカフェ


本校学生の出身地の、名物アイスも販売!

f:id:hokkaido_shinkyu:20190809155237j:plain

おこっぺアイス

 

 そのほかにもヨガや太極拳、マジックに漫談と、盛りだくさんの一日でした。

暑い中、ご来場いただいたみなさんありがとうございました。

また来年もお待ちしております。

 

8/4(日)「あきゅぱんフェス」開催!

みなさん、こんにちは。
「あきゅぱんフェス」実行委員会 担当教員の塩崎です。

昨年たくさんの方にご来場いただき大好評だった「あきゅぱんフェス」を、今年も開催します!!

日時:8月4日(日) 10:00~16:00

 ・鍼灸治療体験

 ・お灸教室

 ・美容鍼・吸い玉

 ・ヨガ・太極拳 


などなど、東洋医学を体験していただけるメニューが盛りだくさん!

 

そのほか、ぐるぐるウィンナーなどの屋台や、よもぎカフェなどの美味しいお店や、マ
ジックショーもあります。

f:id:hokkaido_shinkyu:20190729104439j:plain

2019あきゅぱんフェスおもて

f:id:hokkaido_shinkyu:20190729104535j:plain

2019あきゅぱんフェスうら




pdf版はコチラ

2019あきゅぱんフェスおもて

2019あきゅぱんフェスうら


みなさんのお越しをお待ちしております。

夏の体調不良、いやな漢字

この記事で話題にする東洋医学の知識は「淫」です。

 

字だけ見ると、なんだかエッチな感じがしますが、この漢字の意味は「過剰」「過多」や「度外れ」です。正常な範囲を超えて身体にとって害となる、というのが東洋医学でいう「淫」の状態なのです。

 

したがって、体調が悪い時は身体の中で何かが「淫」になっていると考え、ツボへの刺激などでそれを正常範囲に戻すのが、鍼灸治療のひとつの方法です。

 

さて、気候の変化が体調に影響することは言うまでもありません。東洋医学では「風・寒・暑・湿・燥・火」の6つの気候変化を挙げ、身体に悪影響を及ぼす際には、それらを「六淫」と呼んでいます。

 

梅雨や長雨で湿度が上がり、夏本番に向かう時期には、身体の中でも「湿」が過多になりがちで、それが邪気である「湿邪」となって体調不良につながります。具体的には、身体の重だるさやむくみ、胃の不調といった症状です。

 

こんな場合の養生法は、身体の中に溜まっている過剰な水分を排出すること。適度な運動をして身体を温めた後に、利尿作用のある麦茶やスイカなどを摂って「湿」を尿として外に出しましょう。

 

ツボでは「足三里」「豊隆」「陰陵泉」への刺激が、「湿」を取り除くうえで有効です。

 

もう一度「淫」という漢字に戻れば、この字の旁(つくり。字の右半分)は、神様に祈る人を表しているそうです。それも、爪先立って祈る人の上に、さらに手を載せて、激しすぎる祈りを表したものだといいます。あまりに激しいので、かえって邪悪なものを招き寄せる――それが「淫」の根本の意味です。祈っている本人、一生懸命なのに、かわいそうですね。何事もほどほどに、というのが東洋の知恵でしょうか。

 

こんなふうに漢字の成り立ちや意味の根本にさかのぼってみると、鍼灸をはじめとする東洋医学の理論が一層、深く理解できるように思います。

 

東洋医学鍼灸の面白さ、奥深さをもっと知りたくなったら、お気軽に北海道鍼灸専門学校の学校説明会・体験授業へ。

 

 f:id:hokkaido_shinkyu:20190614185708j:plain f:id:hokkaido_shinkyu:20190617124639j:plain

 

歯の痛み

 

 

健康の要の一つとして“食”が挙げられますが、その食の入口である口腔は、私達の全身状態に大きな影響を及ぼすとして注目されています。

そこで今回は、「歯の痛み」について東洋医学の視点から考えてみたいと思います。

 

 

歯の痛みの原因には虫歯や歯周病が関係することが多く、この場合には当然ながら適切な歯科治療が必要になります。

しかし、虫歯や歯周病が認められないにもかかわらず、歯や歯茎の調子が優れないと感じることがあります。

東洋医学では、辛いもの・甘いもの・油っこいものを偏食し続けると胃や大腸に熱が生じやすくなり、この熱が手足の陽明経と呼ばれる経脈に沿って顔面に伝わり、歯や歯茎を傷つけると考えます。

老化による虚証タイプとは異なり、この実証タイプでは歯痛や歯肉の腫れが強く、胃や大腸の熱によって口臭や口渇、便秘などを伴いやすいという特徴があります。

赤みの濃い舌、黄色っぽい舌苔も熱の所見の一部です。

該当する場合には日頃の食習慣を見直しつつ、歯痛を鎮める顎まわりのツボや、胃腸の熱を冷ますツボの刺激を試してみてください。

 

               

               author:工藤 匡(本校教員、附属臨床センター長)

 

 ※暮らしと健康の月刊誌「ケア」7月号に掲載されました。

 

f:id:hokkaido_shinkyu:20190708100318j:plain   f:id:hokkaido_shinkyu:20190708100411j:plain

f:id:hokkaido_shinkyu:20190708100550j:plain   f:id:hokkaido_shinkyu:20190708100842j:plain

f:id:hokkaido_shinkyu:20190708100630j:plain

 

 

 

ひねもすのたりのちびっ子かな

 

 半袖で歩く人もいたほど暖かい日が続いたある春の週末、街中でふと気づいたことがありました。

 

ショッピングモールにも駅のコンコースにも親に抱かれた乳児や手をひかれた幼児がたくさんいたのですが、意外に静かなのです。泣く、わめく、だだをこねる――ちびっ子の騒がしさ3点セットが方々で聞かれても当然なのに、その週末は不思議なくらいに穏やかな感じでした。これ、本当。

 

春の陽気のせいに違いない。そう思いました。こんな日は子どもの気分がいいから、いつもより素直になるでしょうし、大人だって気持ちがのんびりとして、些細なことで子どもを叱ったりもしなくなりそうです。どちらも機嫌よく過ごせるので、あの穏やかな雰囲気になるわけでしょう。

 

人間の心や身体の働きが自然と相応している――東洋医学にある「天人合一」という考え方に改めて思い至ったのでした。

 

草木が若芽を出したり、花を咲かせたりする春。虫たちが動き出し、動物の生殖機能も活発となる春。「天人合一」の原理によれば、人も同様で、身体の奥でおとなしくしていたエネルギーが、そろそろ活発に巡りだす時期です。

 

ということは、あの日ちびっ子たちが静かにしていたのは、つかの間のアイドリングで、すぐにもトップギアでの大暴れが始まるのでしょうか?

 

東洋医学でいう「肝(かん)」は、エネルギーを全身に巡らせ、身体に陽気を満ち溢れさせる働きをします。そういえば、子どもたち、みんな肝の調子が良さそうですものね。一方、肝がスムーズに働かないと、のぼせや鼻炎、生理不順などの症状が現れやすくなります。

 

そんなちびっ子の元気がうらやましい大人に、あの元気さを少しでも取り戻す方法があります。身体のエネルギーの巡りを促進するために、いつもより早起きして運動したり、酸味・甘味のある食べ物を摂ったりしてはどうでしょうか。ツボ療法では、太衝(たいしょう)、印堂(いんどう)、太陽(たいよう)を押してみると症状が緩和されるかもしれません。

 

試してみて、ものすごく元気が出てきても、泣いたり、わめいたり、だだをこねたりしないでくださいね。

 

もちろん、東洋医学の原理は、冒頭で述べたような素朴な実感にとどまるものではありません。長い歴史の中で、その原理や応用は精緻に体系づけられてきました。

 

そんな東洋医学鍼灸の面白さ、奥深さをもっと知りたくなったら、お気軽に北海道鍼灸専門学校の学校説明会・体験授業へ。

 

  f:id:hokkaido_shinkyu:20190627175428j:plain f:id:hokkaido_shinkyu:20190627175237j:plain

 

 

雨の日と月曜日は

カーペンターズの代表曲のひとつ『雨の日と月曜日は』では、サビの箇所で「雨の日と月曜日は、いつも気分が落ち込む」と歌われます(これ、名曲。知らない人は、ぜひネットで検索してみてくださいね)。

 

雨の日と月曜日は、いつも気分が落ち込む――その理由を考えてみたことがありますか。

 

雨の日は陽も射さないから、どんよりとした感じだし、土曜日曜と、どこかに出かけて楽しく過ごした後だから、月曜日は身体も疲れて仕事に気乗りがしないからでは――たいていの人は、そんなふうに考えると思います。

 

東洋医学が出す答えは、「湿(しつ)」のせい、です。身体のなかに停滞している余分な水分が不調の理由だと考えます。

 

「湿」には2つの種類があります。身体の外から入ってくる「外湿」と、体内で生じる「内湿」です。

 

雨の日が続くと、身体が重だるく感じるのは「外湿」のせいです。お灸などを活用して身体を中から温め、湿を身体の外に発散させると改善します。足三里(あしさんり)・豊隆(ほうりゅう)・水分(すいぶん)といったツボに灸を据えます。

 

食欲減退、下痢、軟便、浮腫や舌の腫れぼったさなどの症状が現れるのは「内湿」のせいと見てよいでしょう。消化機能や水分代謝に関係する「脾・胃」の働きが低下することで発生します(週末にお酒を飲みすぎたりすると、なりがちですね)。まずは過食を避け、規則正しく食事を摂るよう心がけましょう。消化機能を助ける陰陵泉(いんりょうせん)・中脘(ちゅうかん)・気海(きかい)といったツボへの灸が効果的です。

 

『雨の日と月曜日は』の原題は、Rainy Days and Mondaysです。うんと昔に耳にした一説によると、このandがクセ者で、じつは「雨の日と月曜日」ではなく、「雨の日で、なおかつ月曜日は」、つまり「雨の降る月曜日」という意味だとか。ただ、インターネットでチェックしてみると、やはり素直に「雨の日と月曜日」と解釈するのが正しいようです。もちろん、そこには「雨の降る月曜日」も含まれますけれど。

 

もしも「雨の日で、なおかつ月曜日」だとすれば、そりゃもう人によっては「湿」がいっぱいで、気分が落ち込むのも無理はないでしょう。ぜひ鍼灸で、すっきりしてもらいたいものです。

 

東洋医学鍼灸の面白さ、奥深さをもっと知りたくなったら、お気軽に北海道鍼灸専門学校の学校説明会・体験授業へ。



◆湿を身体の外に出す 

 f:id:hokkaido_shinkyu:20190614185725j:plainf:id:hokkaido_shinkyu:20190614185708j:plain

◆消化機能を助ける

 

f:id:hokkaido_shinkyu:20190617124639j:plainf:id:hokkaido_shinkyu:20190614190310j:plain