股関節周囲の痛み

陽気に誘われ外出する機会が増える時期になってきました。春服に着替えて心身ともに軽やかに歩くためにも、今回は歩行に影響を与える股関節周囲の痛みを取り上げてみます。

中高年者で注意が必要なのが変形性股関節症です。この変形性股関節症ですが、我が国では先天性股関節脱臼や臼蓋形成不全といった基礎疾患に続発するものが多いとされるため、何か違和感を覚える時には既往歴の確認も含め、早めの医療機関での診察が重要になります。

東洋医学では、関節痛を「痺症(ひしょう)」として捉えます。「痺」とは閉塞不通を意味し、主に風・寒・湿・熱の邪が経絡に侵入することで気血の巡りが阻害され、関節痛が起こると考えます。土地柄、北海道では風邪・寒邪の影響を受けやすいため、春先も下半身の保温は大切になります。

また、一口に股関節周囲と言っても部位は様々です。痛みの部位と関係する経絡の流れを踏まえつつ、筋・筋膜をほぐすように前面なら胃経、側面なら胆経、後面なら膀胱経に属するツボの刺激をお勧めします。股関節への負担を減らすためにも、殿部・大腿部の筋力訓練やストレッチも日頃から合わせて行ってみてください。

 

①髀関(足の陽明胃経)

上前腸骨棘の下方にある陥凹部。上前腸骨棘と膝蓋骨底外端を結ぶ線上で、大腿骨の大転子の高さを指標に取ります。

 

②環跳(足の少陽胆経)

大転子の頂点と仙骨の下端部を結ぶ線上で、大転子の頂点側から3分の1のところに取ります。立位時に“お尻のほっぺ”のように凹むところに位置します。

 

③胞肓(足の太陽膀胱経)

第2後仙骨孔の高さで、後正中線の外方3寸(指4横指分)に位置します。仙腸関節の指標にもなる上後腸骨棘の外側あたりに位置します。

 

④風市(足の少陽胆経)

直立して腕を下垂し、手掌を大腿部に付けたとき、中指の先端があたるところに取ります。大腿外側にある腸脛靭帯の後方に位置します。

 

author:工藤 匡(鍼灸科学科長)

※暮らしと健康の月刊誌「ケア」2022年5月号に掲載された原稿です。

脱毛症

東洋医学では、毛髪のことを血余(けつよ)と呼び、健やかな毛髪には血の状態が大切になると考えます。今回は脱毛症の病因のひとつである「陰血虚損」について説明します。


血虚損のタイプは、肝腎陰虚により陰血が不足することで血虚になり、毛髪が十分に栄養されなくなります。男性型脱毛症や脂漏性脱毛症、フケ症が該当することがあり、肝腎の虚から頭のふらつき、耳鳴り、足腰の重だるさなどの症状を伴います。
また、陰虚による虚熱のため舌色の赤味が増し、脈もやや速くなりますが、虚証であるため脈の感触は弱めになります。

注意点として脱毛が急速に進む、広範囲に渡るといった場合には、何らかの基礎疾患や薬剤の副作用による影響などが考えられますので、医療機関での診察が重要になります。診察の結果、これらの可能性が除外された場合には、東洋医学のツボ刺激を日常生活の中に取り入れてみてください。脱毛部位の頭皮を直接刺激する方法もありますが、頭皮に至る血管のつけ根に位置する顔面部や後頸部のツボを刺激して、日頃から気血の巡りを良くすることをお勧めします。

 

【紹介するツボ】

①百会(督脈)

 耳を前に折り曲げ、左右の耳の先端を結ぶ線が、頭の正中線と交わるところ。

 ※“つむじ”よりは少し前方になります。

 

②曲差(足の太陽膀胱経)

 前髪際から小指の幅ほど後方の高さで、正中線から外方1寸5分のところ。

 (眼がしら(眼の内端)から上方に進み、前髪際に交わるあたりになります。)

 ※前髪際が後退している場合、眉間から上方3寸(指幅4本分)のところを前髪際とします。

f:id:hokkaido_shinkyu:20220221133343j:plain

百会 曲差

 

③和髎(手の少陽三焦経)

 もみあげの後方で、耳介のつけ根の前方のところ。

 (浅側頭動脈の拍動を見つけて、その後方に取ります。)

 

f:id:hokkaido_shinkyu:20220221133402j:plain

和髎

④風池(足の少陽胆経)

後頭骨の下方で、胸鎖乳突筋と僧帽筋の起始部との間の凹んでいるところ。

(後頭部の中央にある骨の突起(外後頭隆起)の下縁の高さで、その外方にある窪みです)

f:id:hokkaido_shinkyu:20220221133539j:plain

風池

 

 

author:工藤 匡(鍼灸科学科長)

※暮らしと健康の月刊誌「ケア」2022年3月号に掲載された原稿です。

 

風邪

 

寒い時期は、“万病の本”とも呼ばれる「風邪」に注意が必要です。東洋医学の理論では、衛気(えき)という気が皮膚を守り、外邪が体内に侵入することを防ぐと考えます。衛気は腠理(肌のきめ・毛穴)の開閉を調節し、汗の分泌を正常に保つ役割も担います。疲労やストレスなどで気虚の状態になると、衛気の力も弱くなり、外邪の侵入に対する抵抗力が落ちてしまいます。特に、汗をかいたまま風に当たって身体を冷やすと、開いた腠理から風寒の邪が侵入しやすくなります。衛気の力がある程度保たれている場合には、外邪は身体の深部まで達することができず、皮下で衛気と外邪が争う際に悪寒や発熱、頭痛などの症状が現れます。この風邪の引き始めである表寒証の状態の時には、解表(げひょう)といって身体を温め、発汗を促し、風寒の邪を体外に追い払う対処法を取ります。生姜湯を飲んだり、葛根湯などの漢方薬を服用するのは、この解表の効果を期待してのことです。身体を温め、発汗を促す効能があるツボは、後ろ首や背中に多くあります。予防的にもお灸が効果的なのですが、ちょっと難しい場合にはドライヤーで温めるなどの方法を試してみてください。気を補う効能が高い足三里のツボ刺激もお薦めします。

 

【紹介するツボ】

①大椎(督脈)

後頸部の後正中線上で、首を前屈した際に最も隆起する第7頸椎棘突起の下縁に取ります。

 

②風門(足の太陽膀胱経)    

  上背部にあり、第2胸椎棘突起の下縁と同じ高さで、後正中線の外方1寸5分(母指の幅で1.5本分ほど)に取ります。大椎のツボから2つ下の棘突起が指標となります。

  

 

f:id:hokkaido_shinkyu:20211224181549j:plain



 

author:工藤 匡(鍼灸科学科長)

※暮らしと健康の月刊誌「ケア」2022年1月号に掲載された原稿です。

 

耳鳴り

耳の不調のなかで多いのが耳鳴り。本人にとってはまさに耳障りな症状で、生活の質に影響を及ぼします。特定の病気による耳鳴りがある一方、原因がはっきり分からないタイプも多いと言われます。

東洋医学の理論では、耳は五臓のなかの腎と密接なつながりを持つと考えます。腎は生体エネルギーとも言うべき腎精を宿し、原気(元気)に関係します。加齢や久病(慢性疾患)によって腎虚腎精不足の状態になると、すぐに疲れる、抜け毛・白髪が増える、歯や骨が弱る、腰や膝がだるいなどの症状を招きます。

耳鳴りに加えて、これらの症状が多く当てはまる場合には、腎を補う効能のあるツボ刺激を試してみてください。両親から受継ぐ腎精は「先天の精」とも呼ばれ、加齢とともに減っていきます。身体の精気を補うためには、飲食を通じて「後天の精」を増やす必要がありますので、腎虚の改善には食生活の見直しも重要となります。また、ストレスが多い現代社会では肝の疏泄作用が損なわれ、気血の流れが滞りやすくなります。気血のめぐりが良くなるように、耳の周囲にあるツボの刺激も合わせてお勧めします。                  

 

 

太渓(たいけい)  足の少陰腎経    

  ⇒内果尖とアキレス腱の間の陥凹部、後脛骨動脈の拍動部

(内側のくるぶしの頂点の高さでアキレス腱との間。動脈の拍動部に取ります。)

 

完骨(かんこつ)  足の少陽胆経    

  ⇒乳様突起の後下方の陥凹部

(耳たぶの後ろに触れる乳様突起を確認し、その下縁の内側にある陥凹部に取ります。)

 

f:id:hokkaido_shinkyu:20211015142220j:plain
f:id:hokkaido_shinkyu:20211015142238j:plain

 

聴宮(ちょうきゅう)  手の太陽小腸経   

  ⇒耳珠中央の前縁と下顎骨関節突起の間の陥凹部

(耳の孔の前方に耳珠という軟骨の出っ張りがあります。その耳珠と下顎骨の間で、口を軽く開

けると少し窪むところに取ります。)

 

聴会(ちょうえ)  手の太陽小腸経    

  ⇒珠間切痕と下顎骨関節突起の間の陥凹部

(耳珠の下の凹みと下顎骨の間で、口を軽く開けると少し窪むところに取ります。)

f:id:hokkaido_shinkyu:20211015142245j:plain

author:工藤 匡(鍼灸科学科長)

※暮らしと健康の月刊誌「ケア」11月号に掲載された原稿です。

肥満

東京オリンピックパラリンピックの選手の姿を見て、改めて健康の大切さを意識している方は多いのではないでしょうか。近年は過食や運動不足によって肥満になりやすい環境にありますが、健康的な生活を送るためには、やはり適正な体重を保つことが重要になります。

東洋医学の理論では、肥満の原因のひとつとして水分の病理産物である「痰湿」の影響を考えます。過食や美食、甘いものや油っこいものの偏食を続けると、脾の運化機能が失調して痰湿や脂膏が生じ、それが肌肉に停滞することで肥満になります。長期間にわたって痰湿が盛んな状態が続くと脾気虚になり、これがまた痰湿を生じやすくするという悪循環に陥ります。脾気虚になると、食欲不振や下痢・軟便のほかに、食後すぐに眠くなる、身体が重だるい、話すのが億劫、動くと汗が出やすく止まりにくいといった症状を伴うことがあります。浮腫んだ舌や、白い苔が厚くなっている舌も痰湿の影響を疑わせる所見です。

肥満の改善には食生活の見直しや日常的な運動が不可欠になりますが、東洋医学的には脾胃の機能を高め、同時に痰湿の除去を図る効能のあるツボ刺激も試してみてください。

 

足三里(あしさんり) 足の陽明胃経   

  ⇒下腿前面、犢鼻と解渓を結ぶ線上、犢鼻の下方3寸。

(膝蓋骨の先端の下にコリコリする膝蓋靭帯があり、その両脇に陥凹部があります。外側の陥凹部にあるツボを犢鼻〔とくび〕と呼びますが、この犢鼻から指4本分下の部分で、すねの骨の外縁に触れる筋肉〔前脛骨筋〕の部分に位置します。)

 

②豊隆(ほうりゅう)  足の陽明胃経   

  ⇒下腿前外側、前脛骨筋の外縁、外果尖の上方8寸。

(犢鼻と解渓の間を16寸とし、これを半分にした8寸のところに条口というツボがあります。この条口から外方へ中指1横指分、前脛骨筋の外縁に本穴を取ります。)

 

③公孫(こうそん) 足の太陰脾経     

  ⇒足内側、第1中足骨底内側の遠位陥凹部、赤白肉際。

(親指の付け根の関節の後方にある太白から、第1中足骨の内側縁に沿って後ろへ指頭で撫でていき、指が止まるところに位置します。)

 

④陰陵泉(いんりょうせん)  足の太陰脾経  

  ⇒下腿内側(脛骨)、脛骨内側顆下縁と脛骨内縁が接する陥凹部。

(すねの骨の内縁を指でさすり上げ、指が骨のカーブで止まるところに本穴が位置します。)

f:id:hokkaido_shinkyu:20210817145309j:plain
f:id:hokkaido_shinkyu:20210817145346j:plain

 

author:工藤 匡(鍼灸科学科長)

※暮らしと健康の月刊誌「ケア」9月号に掲載された原稿です。

脚のだるさ

新型コロナウイルスの変異株への不安から外出を控え、運動不足によって脚の不調を感じやすくなっていませんか。今回は「脚のだるさ」について東洋医学の視点から捉えてみたいと思います。

下腿の前面にある前脛骨筋には、歩行時に踵が接地する際に足首を反らし、つま先を持ち上げる作用があります。歩行量が減るとこの筋肉の筋力が低下し、脚のだるさを感じやすくなります。前脛骨筋が弱くなると、つま先を地面に引っ掛け、転倒につながることがあるため注意が必要です。東洋医学では、脛の前外側を「足の陽明胃経」という経脈が流れると考えます。この経脈は名前の通り、胃との関連が高く、消化器系の不調の際に反応が現れやすくなります。前脛骨筋の上を流れる足の陽明胃経に属する有名なツボが「足三里」です。このツボには「健脚」、「健脾和胃」、「補気」といった作用があり、まさに万能のツボと言えます。かの松尾芭蕉奥の細道のなかで“灸をすゆる”と謳っている足三里。ふくらはぎのツボと併せて、普段から養生の意味でも足三里への刺激を試してみてください。痛気持ちよいくらいの力での押圧が効果的です。

 

足三里(あしさんり)  足の陽明胃経  

  ⇒下腿前面、犢鼻と解渓を結ぶ線上、犢鼻の下方3寸。

 (膝蓋骨の先端の下にコリコリする膝蓋靭帯があり、その両脇に陥凹部があります。外側の陥凹部にあるツボを犢鼻〔とくび〕と呼びますが、この犢鼻から指4本分下の部分で、すねの骨の外縁に触れる筋肉〔前脛骨筋〕の部分に本穴が位置します。)

 

②承筋(しょうきん)  足の太陽膀胱経  

 ⇒下腿後面、腓腹筋の両筋腹の間、膝窩横紋の下方5寸。

 (膝裏の横しわから指7本分下の高さで、ふくらはぎの最も膨らんだ部位、腓腹筋の中央に本穴が位置します。) 

f:id:hokkaido_shinkyu:20200427130104j:plain
f:id:hokkaido_shinkyu:20210614170249j:plain

 

author:工藤 匡(鍼灸科学科長)

※暮らしと健康の月刊誌「ケア」7月号に掲載された原稿です。

 

不眠

春は新生活が始まり、期待に胸を躍らせることがある一方、慣れない環境の変化で不安や緊張を感じやすくなり、睡眠の質が悪くなることも多々あります。そこで今回は、「不眠」について東洋医学の視点から捉えてみたいと思います。

東洋医学では、睡眠の質にも陰陽の調和が関係すると考えます。本来、陽の時間である日中は意識が高まり、陰の時間である夜間は意識が安らぐことが大切なのですが、不安や緊張が強まるとこのバランスが乱れてしまいます。東洋医学では、精神活動は脳だけでなく、肝・心・脾・肺・腎といった五臓に宿ると考えます。特に、精神活動の中でも重要となる「神(しん)」は心が司ります。不安や緊張によって心の働きが乱れると、安心(安神)が妨げられてしまい、さらに心に熱が生じてしまうと悶々として目がさえて眠れなくなってしまいます。心に熱が生じると、舌の赤味が強くなり、脈も速くなったりします。このような時は、安心(安神)効果のあるツボ押しを試してみてください。「春眠暁を覚えず…」の歌ではありませんが、春の夜は心地よく眠りたいものですね。

 

①神門(しんもん) 手の少陰心経

⇒手掌側の手首の横しわの内端、豆状骨の下縁。

 (豆状骨につながる尺側手根屈筋腱の橈側(親指側)に取ります。) 

 

②労宮(ろうきゅう)  手の厥陰心包経   ※令和2年7月号に「ストレス緩和」に掲載

    ⇒手掌面、第2・第3中手骨の間。

  (手指を深く曲げたとき、示指と中指の指先の間(手掌の横しわの上)に取ります。)

 

 

f:id:hokkaido_shinkyu:20210415121736j:plain
f:id:hokkaido_shinkyu:20210415121808j:plain

 

③安眠(あんみん)   奇穴

 ⇒乳様突起の下の陥凹部の前方5分

  (耳たぶの後方にある骨の出っ張りから小指の幅1本分ほど下方に取ります。)

 

④太渓(たいけい)  足の少陰腎経    

 ⇒内果尖とアキレス腱の間の陥凹部、後脛骨動脈の拍動部

  (内側のくるぶしの頂点の高さでアキレス腱との間。動脈の拍動部に取ります。)

 

 

f:id:hokkaido_shinkyu:20210415121811j:plain
f:id:hokkaido_shinkyu:20210415121834j:plain

 

author:工藤 匡(鍼灸科学科長) 

※暮らしと健康の月刊誌「ケア」5月号に掲載された原稿です。